スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上福岡の試合結果▼

昨夜は前日に引き続きCAZさんと上福岡:シオンに逝ってきました。

第4回目らしいそこでのBC戦…

前回は残業後に駆け込んで参戦したんで目が慣れなく、えらく暗~く感じたもんでした

しかも空きっ腹参戦だったんだ集中力もなかった


そんな反省を糧に今回は
・早めに行って目を慣らす
・道中、空腹にならんように食して行く
をクリアして万全の体制!


なんたって試合始まるのが2100なのに1900過ぎには既に店に入ってました

途中からCAZさんも合流して相撞き肩慣らし・・・

そんな感じで例によってくじ引きして試合開始


参加人数とテーブル台数の兼ね合いで僕は初戦は待機だったんで
CAZさんの応援観戦
見てると

相手⑦から⑧の出しで自爆ファール→フリボゴチ

『こりゃ太いや!』

次のラックはレール際の⑨をキャノンで沈めて

『うんうん、玉筋が見えてるな~』

と、何やらCAZさんは調子良さげ

『この感じだとCAZさんは初戦突破するな~』

ってな時に僕の試合も始まった



相手は江古田をホームにしているB級さんで、平日なのに遠征は良くしているそうな

さて、第1ラック:相手飛ばしがナチュラルセフチになって、当てられず
           …いきなしファールからのスタート…鶏切られ

第2ラック:相手あわやマスワリかと思って見てたら⑧飛ばし…
       短短に残った配置を僕は縦バンクミス
       相手⑧入れてから⑨を狙いポケット飛ばすも、
       縦のゴキブリショットIN…太い~僕不運…

第3ラック:相手⑥飛ばしで、チャンスようやく来た~
       ホントこれまでまともに撞いて無いのね

       しか~し⑥⑦と行って⑧でガコガコ

       『おっかしいな~、手応え充分だったのに~』

       ●●● ・・・・ 結局ここで相手スコリー

第4ラック:えらく微妙な配置でもつれそうな感じ
       お互いふぅふぅ言いながらも少~しずつ的玉は減って行く

       結局ハイボールで鶏切り出来そうな配置にならず、
       僕のセフチ気味で残した配置を相手うま~く
       バンクで入れ処理して終了~


●●●●・・・・・・・ 『スコ負けで完敗です…』


【この試合雑感】

最近は4先のショートゲームでも「試合の流れ」ってのはあるんでわ?
と思っとります

ましてやBC戦ならマスワリ4連荘なんてあり得ん

そんな流れ分析の観点で、この試合を評価すると

※第1ラックのファール…あれを当ててれば違ってた鴨
  これで序盤の流れは相手に行って、調子良くした相手は第2ラックで、
  あわやマスワリって展開になったんでわ?
  ⑨のゴキブリショットINも流れだと見てます


しか~し、そのままじゃ済まないのがBC戦

※やっぱ第3ラックのチャンス時に決めなかったのがまずかった
  1‐2と0‐3じゃ~雲泥の差なんで相手に楽させちゃった、って感じです

やっぱハイボール飛ばしは致命傷ですな~


良く太い細いと言いますが、リズムつかむとタイミングと加減も合って、
飛ばしてもナチュラルセフチになったり、
別ポケットに入ったりするもんだと思います
それを称して「太い」と言うんでしょうが、
僕も経験があるだけに、⑨ボールにはそんな流れがあるんでしょうな~




★歯医者戦はC級さん相手で逆に僕がスコリーしましたが、
  CAZさんも終了してて時計を見ると、もう23:30なんで
   『ま、いっか~』
  って感じで流し撞きしちゃいました

  試合に出る覚悟としてそんなんじゃまずいんですが
   『明日も仕事だしな~』
  みたいな…別に負け惜しみじゃなくて・・・・


来年は1月から忙しくなるんで平日試合参戦はちと無理っぽい

つうか、真剣に試合に挑んでいる人にも失礼だし
いろいろと考えてしまいますた


今回は、試合前の「露払い」は良かったんですが、
どうせ試合に出るなら「後顧の憂い」がないようにせんと遺憾ですね



あ、そうそう 僕の試合を観戦していたCAZさんんから
僕のショットについての所感をいただきました

何やら「弾き気味のショット」が多く、14-1の時と大違いらすい

僕も撞いてて感触が違うんで気にはなっていたんですが
外から見ていてもそう見えるんでは間違いないでしょう

思い当たる節とすれば

⑨ボール独特の配置で手玉を走らせる時に
「走らせよう」意識が高すぎてついハードに撞いて
本来のストロークを忘れてしまう

試合独特の緊張感もあり、「撞き急ぎ」からリズムが変わり
結果ストロークも変わる

そんな感じでしょうか?・・・・


まぁ最近⑨ボールはあんまし撞かんので「別の種目」という
意識が強すぎているのは確かです


昨晩は自宅でスティーブデイビスの⑨ボールを酒の肴に一杯やってましたが
「あんな感じ」で⑨ボールができればな~ と思って観てました

まずは14-1を精進して、どこかの時点で「⑨ボールに逆流」ってなイメージどえす


まだまだ先は長いのね・・・・・













Trackback

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Comment

★お疲れやんした

昨日はどうもです。

僕は、1試合2ラックまではそこそこだったんですが、3ラック目にスクラッチして以来壊れました。後はボロボロ。
裏の試合せずに帰りたい気分になりましたよ。
やはりスクラッチはファウルの他に深層心理に悪影響を及ぼす効果があるみたいです。

それと、落さん14-1の時と9ボールの時でタイミングが違うんですよね。
あれだけ入れ良いのに本当もったいない話です。

14-1と9ボールのタイミングの違いはまさに”撞く”と”突く”の違いに見えました。

弱いタッチなら”撞く”と”突く”の撞き分けは出来るんですけど、
ハードに行った時のこの撞き分けって俄然難しくなるんですよね。

落さんのスクラッチを見てると、はじけてなければ何の問題も無い所、はじけてしまっているので手球がイメージより開いてしまってる感じです。その為、思ったよりクッションが伸びて穴前に行っちゃう感じなんですね。
14-1をプレイするタッチ+αで、キュー出しをちょっと長くする感じにするとだいぶ落ち着くんじゃないかとお見受けしました。

この辺の自己チェック方法を先日教えてもらったので、次回お会いした時にでも説明しますね。

★No title

4先程度だと、1度相手に流れが行ってしまうと引き戻せず一気に持っていかれる事が多いので、1ミスが命取りになっちゃいますね。

そしてやっとチャンスが来たと思った頃にフロックインとかされると、、、
やる気が、、、、

★CAZさん

どもども
昨日はお疲れ様でした
いつもいつもQレンタルと家まで送っていただきまして
ありがとうございます

CAZさんの指摘を真摯に考え
昨晩はデイビスの⑨ボールを観たんですね~
思い当たる節があるだけに・・・って感じ

まぁなかなか自分のプレイスタイルを確立する
ってのはむづいもんです


★鈴木さん

毎度 どもです~

まぁさすがにBC戦の4先なんで
バンキング取られたらチャンス無し
ってのはありませんが
どうやら流れはあるみたいです

第2ラックのコックローチショット・・・⑨ボールでは適法・・・・
なんですがあれが出ると参ります

これまで逆な事して
「太いな~」 ・・・なんて揶揄された事あるんで
お互い様ですけど・・・はい

基本は
 *ハイボール飛ばさん事
 *スクラッチしない事
ですが、永遠の課題です 
★月別アーカイブ
★ブログ内検索
★RSSフィード
プロフィール

落 (Rohsan)

Author:落 (Rohsan)
なんやかんやで ほぼ14-1一本で頑張ろうと思ってますが、どちらかと言うと「スクラッチ」が得意みたい・・・世間では僕の事を「永世スクラッチ大魔王」と呼んでるしいです・・・南無だなぁ

カテゴリ
最近のコメント
最近の記事
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンタ-
舞妓Haaaan!!!
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
広告・PR
女性向けモバイルゲームサイト:乙女モバイル
リンク
ブログ ランキング
試しに登録して見ました。 気が向いたらクリックしてくださいませ


人気blogランキングへ

BOSSさん:武蔵小山撞球隊

ゆ~ちゅぅぶ

MyTube★動画検索・再生

↓検索したいキーワードを入れてみてください


FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。