スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14-1:ラック中盤の攻略(続き)★

せっかく…いやようやく…ネタが14-1に戻ってきたんで、こないだの続きでも

14-1ラック中盤局面ですが、たいていは何かしらの固まりがあるんで
ラン出す為にはこのクラスタを攻略しなきゃ遺憾訳です

前回は

『必ずどっかに死に玉があるはず』

でしたが、

『いやいや…こりゃ死んでる玉無い象』

こんな局面も多いんで、やっぱり

「入れつつクラスタ割る」

ってな高度な事に挑戦するしか無い


配置的には適当に散らばってる玉が数球あって、ほとんどクラスタ状態…


この時に、どうするか?

たいていは、固まり割るのに、適当に振りのあるとこに出して

撞点選択して割りに行くんですがぁ


最近ある発見をしますた

ってか、ずぅっと気になってたんですが、
14-1の相撞き機会をなるべく多く持とうとしてるんで
他の方を観ててもそんな場面をみたりします



それは何かと言うとぉ…



「クラスタ割った後、割れた的玉がクッションに入って戻ってきて、
またまたおんなじようなトラブルになる」



『おぃおぃ、せっかく苦労して割ったのに、
またおんなじトラブルかよぉ…トホホだなぁ』



あぃ、こんな経験は無いでせぅか?

僕は良くあります


たいていは、ただ割りゃいい…と加減考えずに撞いてしまった結果そうなるみたい


この事を僕は

『ぬか喜び』

と呼んでま~す



ちなみに、この『ぬか喜び』の親戚筋としては、

割った先に別的玉があって新たなトラブルを作る

「全く意味の無い割り」

ってのもある

こんなのもがっくしきますなぁ


基本的には

「割れた後、割れた的玉がどの角度でクッション入るんで、こんな力加減」

ってのを見切るんでしょうね


しっかし僕にはそんな計算できません

しかも的玉たくさんあるんで、
何次元方程式を暗算で解くみたいなもの


『まぁ、所詮運だからせんないだろう』

とは思わずに、ひとつひとつ的確に判断するのが巧者と言えるんでしょうが、
僕のばやぃじぇんじぇんそこまで遺憾です

つまりランがそこそこ出ても全て運ってやつだな


まぁ攻略が難しい分だけ楽しめるんで医院ですが



さて、次回はこの「固まり割り」の時のシュートミスについて

ある発見

をしてるんで書いてみたいと思います



(続く)


スポンサーサイト
★月別アーカイブ
★ブログ内検索
★RSSフィード
プロフィール

落 (Rohsan)

Author:落 (Rohsan)
なんやかんやで ほぼ14-1一本で頑張ろうと思ってますが、どちらかと言うと「スクラッチ」が得意みたい・・・世間では僕の事を「永世スクラッチ大魔王」と呼んでるしいです・・・南無だなぁ

カテゴリ
最近のコメント
最近の記事
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンタ-
舞妓Haaaan!!!
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
広告・PR
女性向けモバイルゲームサイト:乙女モバイル
リンク
ブログ ランキング
試しに登録して見ました。 気が向いたらクリックしてくださいませ


人気blogランキングへ

BOSSさん:武蔵小山撞球隊

ゆ~ちゅぅぶ

MyTube★動画検索・再生

↓検索したいキーワードを入れてみてください


FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。