スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地元ゲーセンでこそ練

明日は久しぶりの試合?

なんで、今年初めて地元で練習してます


このゲーセン…少しレイアウトが変わりましたが、テーブルはこれまで通り


最初はセンターショットばかりしてたんですが

玉は入らんし

手玉はぐるぐる回ってるんで


…辞めました



とりあえず入れの感覚だけやっといて、

あとは明日の成り行き次第って事で



…以下、忘れんうちに明日の段取りメモ…


1.自己紹介とクラス申告
2.ルール説明
3.スコアシート記入方法説明
4.対戦カード決定
・歴代大魔王:テーブル決めジャンケン:4名
・初戦対戦決めジャンケン:4名
・2戦目決定ジャンケン:4名
・1名余りは初戦大魔王戦テーブルで空いた方と
・以下、暫時試合継続
・試合消化はなるべく均等に


……


皆さん、明日はよろしくお願いします

スポンサーサイト

練習再開

今日は仕事帰りに会社近所のブラザーで、ちょこっとれんしぅ


当然のように


入らん


どうもQを出すときのグリップの感じが、よくわからん

つぅか、Qが真っ直ぐ出てないのが…自分でもわかる


しかも、中途半端にひねったりしてるもんで、
その影響もあってか出ていく玉の起動がおかしい



その後、ラック組んでバラ玉撞きやったら、
今度は厚みは違うは、出ていく手玉のラインがイメージとは違うは
で、

こりゃ、先が思いやられるな~

ってな感じ


ひとつだけわかった事は、出す時に遠い距離だと

真~っ直ぐ

しかも


ポケットど真ん中に

入るのね



もちろん手玉ですがぁ…



まだまだ、大魔王感覚まで来てないんですが、
またちょこちょこれんしぅしとけば、何とかなるでしょう



鷄切り…いや…せめて2球連続…いや遠距離一個でも入れんと



入るのは手玉だけ…っちゅうのは洒落にならんので多少は形を作らんと



まぁもちろんブレイク練習無しの…そっちは出たとこ勝負ですがぁ



あとは、スクラッチせんように、バンキング練習も ちっとはしとかんとな



どうも体がよれてる気がしないでもないが…


年か…

雑感

最近…何故か調子が良い

集中すれば何故か良く玉が入る

玉が入らなくても相手に良い玉が残らない…



最近、手が合う時は手が合うが、手が合わないと全然ドソッボになる


たったひとつ…気を抜いた…まぁあれはネタだから…

そんな一手でリズム狂わしリカバリするのに苦労している



慢心は悪

最後の最後を締めるまで、気を許しては行けない



勝利の美酒とは言いませんが、酒を呑むのは最後に 蓋を閉じてからで良い…


そんな風に思ってる最近の玉操作です



やっぱ愚直なまでに基本に忠実にいかんと取れませんね

そんな器用な技を持ってる訳じゃなし、
潤沢では無いし…


できる範囲の中で無理せずやるしかないかな~

ってのが最近の雑感です






欲望と恐怖は裏表の関係…まずはそこだな



雨天時雑感

台風一過のせいか、どピーカンになった
ここ埼玉ですが、お出かけ日和っぽい雰囲気の中…今日も「バグ退治打合せ」

こないだ、メインの開発担当者に

『いつまでこの作業すんの?』

と、呑んだ勢いで絡んだら

「あずす~んあずぽっしぶるに終えたい」

と、言ってたんでまだモチベーションは下がってないみたい

素人の僕が見てても少~しずつ事態は好転してるみたいなので、
来春辺りには普通の週休2日に戻したい…と願っておりま~す



さて、昨日は午後2あたりに築地で商談があって雨降る中とぼとぼ出かけたんですが、
終わってから会社に戻るまで時間があったんでBrotherに寄ってみた


台風近づいてるのに皆さん熱心に撞いてるのね

例によってブログの鈴木さんはスピードガン持ち出してブレイク速度測ってるし、
常連さん達は延々と59やってるし…



そんな事に縁の無い僕は空いてるテーブルで玉転がそうと思って一番奥のテーブル見たら…顔見知りのT塚君(B)がいた

暇そうに独りで撞いてたんで

『う~し、今日は14-1ショートの30点ゲームをやろう

と、半ば強引に誘ったのでしたぁ


そうそう…彼とはこないだ⑨ボールの瀬戸街やったんですが、
あまりにも僕のスクラッチが多く惨敗

まぁ、ある意味普段通りなんで全然気にして無かったんですが、



14-1でリベンジを

ってな感じでの相撞きとなった訳です


始めてみると、同じように飛ばしたり、取るとこ取ったりで接戦モード

入れ辛い出し辛い配置は僕レベルでは同じように失敗する

なんで、点数の分かれ目は


「簡単な配置を外さない」


に絞られるのでした

で、僕がブレイクして飛ばした「宝の山」配置を彼が3点そこそこで、まさかの穴ガコ

『来た~チャ~ンス

こりゃラン出せそう

と、ニコニコしながらボンボン入れてったんですが~

撞いてるうちに何かおかしい…

あれ…Qが真っ直ぐ出ん


シャフトが湿ってるんか、どうもブリッジのとこがしっくり来んのね

そういや、前の雨降りん時もそんなんあったなぁ


楽勝と思われた穴そば⑥番から出しに行った時にシュートミスしちゃいますた~よ

ラン出せずで…その後も…最近得意としてたサイドへの入れが全然駄目

結局負けちゃったのでした~

・・・彼とは次回は⑧ボールでリベンジだな、と言っておきますた・・・



もう懲りたんで雨降りんの時は玉転がし辞めて呑む事にしよ

押し玉クイズの答え

今日は会社で仕事なんで、年に何回も無いPCでのブログ更新で~す
やっぱPCだとコピペが出来るんで楽っちゃ楽ですな・・・
字数制限もないし・・・



って事で、ちょっと前にネタで書きました「魔界村指導:押し玉クイズ」のお答えで~す
ただし・・・酔っ払って教えてもらったんで間違ってたらごめんなさいです。

【前回引用】

それからアドバイスが始まった

「う~ん、アドレスはまず、玉の後ろに入ってそっから構えた方が良いですよ」

「あ、重心は押し玉の場合は、(①)にした方が…」

「ブリッジと手玉の距離が(②)いですねぇ
もう少し(②の反対語) くしないと」

「あぁ、素振りの時はもっと手玉にQ先を近づけないと駄目ですねぇ。
手玉にタップの影が映る位まで近づけんと」

「あと、イメージやけど…手玉より(③)を撞くイメージで撞いたらえぇですよ」


手取り足取り先生方から教わる事ほぼ1時間・・・・以下続く


【皆さんのお答え】

1.なおきさん

  「あ、重心は押し玉の場合は、にした方が…」

  「ブリッジと手玉の距離が遠い ですねぇ
   もう少し近くしないと」

  「あと、イメージやけど…手玉より後ろ を撞くイメージで撞いたらえぇですよ」


2.じゃこさん

  「あ、重心は押し玉の場合は、にした方が…」

  「ブリッジと手玉の距離がエロイですねぇ
   もう少し(エロの反対語・・・萌えか?)しないと」

  「あと、イメージやけど…手玉より彼女を撞くイメージで撞いたらえぇですよ」


3.Shin。さん

  「あ、重心は押し玉の場合は、近くにした方が…」

  「ブリッジと手玉の距離がですねぇ
   もう少し遠くしないと」

  「あと、イメージやけど…手玉よりを撞くイメージで撞いたらえぇですよ」


4.すずきさん

  「あ、重心は押し玉の場合は、にした方が…」

  「ブリッジと手玉の距離が遠いですねぇ
   もう少し近くしないと」

  「あと、イメージやけど…手玉より先玉を撞くイメージで撞いたらえぇですよ」


5.ルカシーさん

  「あ、重心は押し玉の場合は、にした方が…」

  「ブリッジと手玉の距離が遠いですねぇ
   もう少し近くしないと」

  「あと、イメージやけど…手玉より先玉の上の動点を撞くイメージで撞いたらえぇですよ」


【僕の聞いたお答え】

 「あ、重心は押し玉の場合は、後ろ にした方が…」

「ブリッジと手玉の距離が遠いですねぇ
もう少し近くしないと」

「あぁ、素振りの時はもっと手玉にQ先を近づけないと駄目ですねぇ。
手玉にタップの影が映る位まで近づけんと」

「あと、イメージやけど…手玉より先1個分の玉を撞くイメージで撞いたらえぇですよ」



【寸評】
 皆さんさすがです。
 僕にとっては「目から鱗」でしたが、良~くご存知で。

 ただ、重心は「押し玉は気持ち後ろ、引き玉は気持ち前」
 だそうです。

 実は、僕が一番ためになったのは
   「素振りの時に手玉にQ先を近づける」
 事です。

 これはスヌーカー初心者講習会でも言われたんで、多分間違いないでしょう。

 もしかしたらショットの基本かもしれませんねぇ



んな感じで仕事に戻ります。

午後ちょこっと抜け出してBrotherに逝けるかな?


    
 








押し玉れんしぅ その4★

最近 下の娘の受験対策費を浮かそうと、ひっちゃきになっとります

なんなって効果があるかどうかわからん夏期講習費に ん万円突っ込むなら、
気の効いた参考書をびしっ~とやってくれた方が安くあがりますからね~

そんな資金繰り事情なんで、ネットで調べさせて、
僕の会社は神田の本屋街が近いんで、昨日買いにいった訳です

で、帰りの電車はラッキーな事に座れたんで、ちょこっとその問題見てたんですがエラク難しいのね

全国の受験生にはご苦労様って感じです



んな背景で…今日は受験問題風に書いてみま~す



さてさて、こないだの魔界村…深夜での出来事

僕が押し玉で悩んでる事で僕独りへの押し玉教室が始まった

受講生は僕独り

講師は、その時間帯での魔界村総力を上げての陣営…それいうた先生&ともやP先生&SAインストラクター先生…
(すんません…インストラクター先生のお名前がわからんのでぇ)

経験豊富な3人の先生に前から後ろから斜めから
僕のフォーム、ストロークを入念にチェックしてもらいぃました

いやいや、こんな僕の為に贅沢な玉撞き教室をやっていただきありがとうございました

前半はいつも通りに撞いて…何度やってもうまく遺憾

それからアドバイスが始まった


「う~ん、アドレスはまず、玉の後ろに入ってそっから構えた方が良いですよ」

「あ、重心は押し玉の場合は、(①)にした方が…」

「ブリッジと手玉の距離が(②)いですねぇ
もう少し(②の反対語) くしないと」

「あぁ、素振りの時はもっと手玉にQ先を近づけないと駄目ですねぇ。
手玉にタップの影が映る位まで近づけんと

「あと、イメージやけど…手玉より(③)を撞くイメージで撞いたらえぇですよ」


手取り足取り先生方から教わる事ほぼ1時間


だいぶ、慣れてきた頃に、言われた通りにアドレスに入るところからやってみた

先生方の見守る中でぇ、ひょんと撞いた僕の押し玉は~~




それいうた先生から思わず口に出た


『押せるやんけ~

あぃ、ありがとございました

何度やってもセンターショットちょい振り配置で
楽~に短短と戻ってくる

いやいや~、やっぱ来て良かったぁ

それを見てそれいうた先生


「やっぱ、わしのQがえぇからや」

だって



【設問】
さて、①~③にはどんな言葉が入るでせう
※魔界村大学入試問題より

スヌーカーストロークでの悩み◆

と、言うことで何度も何度も真っ直ぐ撞きの練習をして、
次は距離の短い直線の入れ

と、なった訳ですが…この時…執拗にレクチャー受けたのがストローク

スヌーカーのばやい、正確なQ出しするために
「Qがそこしか通らない」
くらい窮屈にするそうな

具体的には、オープンブリッジの親指付け根の溝
と、アゴを使ってQが上に逃げるのを避ける
更~に「胸」…

この3点をQが出るラインを絞るらすぃ


さてさて、そこで困った事が…

ブリッジとアゴはまだOKなんですが、3点目の胸と言うのがPoolと違う

スヌーカーではそのフォームの都合上、グリップが胸に当たる…
胸に当たれば当然ですけど、そこから先にはQが出ない訳…

僕の理解では「フォロースルー」する距離が限られてるんで、
全てのQイングをコンパクトにしなきゃならん


一方のPoolでは手玉に回転を伝える為にはフォロースルーは必須

特に、あり得ないQ切れをする…押し玉なんかすご…魔界村筋のストロークでは、
フィニッシュ時にQのジョイント部がブリッジのとこまで出とる

いやいや~、これは困った象


2種類のフォームを使い分けする器用さは無いし
2つのフォームの良いとこどりして、「オリジナルブレンドフォーム」に仕立て上げる程の技術も無いし…





その魔界村筋ストローク

最近、押し玉れんしぅにハマってるんですが、
撞く時に左ひねりがかかっとる

…おりしも本日は…これから大阪出張なんで、仕事終わり次第 難波に突入予定


久しぶりに「あり得んQ切れ」を見て目の保養をしてきます


スヌーカーフォームと魔界村フォーム

両方魅力的なだけに、今のところどちらも追求して、
思いっきりフォームをぼろぼろにしたいと思っとりま~す


スヌーカーフォーム矯正

さて、こないだ教わったトラディショナル・スヌーカーフォームと
自分のフォームとのギャップを埋めるべく矯正されたお話しでも…
向こう短クッションにチョークおいて、
こっち短側からチョークへのラインに載せて真っ直~ぐ戻す…よくあるれんしぅでしたが…

自分では真っ直ぐ撞いたつもりが、真っ直ぐ戻ってこな~い

見てくれたのはE藤大明神

チョーク置いてある向こう短クッション側にしゃがみこんでもらって、

「Qがちょっと右にずれてますね~」

…ん?…どうみてもこれが真っ直ぐだぞ

「はい、そこそこ…いや、ちょっと行き過ぎ」

な~んて、やってもらったところ、
自分が真っ直ぐに見えてるところがよれていて、
違和感のある「斜線」が実は真っ直ぐである事が判明

『すんませ~ん、違和感バリバリでとっても真っ直ぐには見えませんがぁ

と、生徒が先生に泣きつく姿そのもの

業を煮やした大明神はこちらに翔んできて

「ちょっと構えてみてください」

言われた僕は習った通りに、すっと構えた

…ところ…


「あぁ、アドレスをも少し治した方が良い鴨ですね~」

指摘されたのは、軸足側の「つま先」の向き

つま先が斜めに開いているのをQと同じ向きにしたらどうか、
ってなご指導

「はい、それでやってみてください」

小走りにチョーク側短クッションに向かう大明神…

で、アドレスから入り直して、同じ事をも一度やって見たらぁ

「ちょうどその辺が真っ直ぐで~す」

おぉ、さっきより真っ直ぐに見えてきた気がする~

ちょっとした、つま先の向き1つでこうも見え方が変わるものか…

しか~し、それでもまだ真っ直ぐには見えん

『だいぶ良くなったんですがぁ、まだ斜めによれてますがぁ』

「そしたら、顔の位置を右左にずらしていってみてくださ~い」


ん~とぉ、この辺がそぉかな?


と、真っ直ぐに見える…と思われる顔の位置は…なんと…Qの上に右目が来とる

『う~ん、良くやる利き目測定では僕の利き目は左目なんだけ~どなぁ』

ちなみに僕は左利き
しかも右目の視力は左目より悪いんてかな~り右目で見るのは馴れとらん

ところが、真っ直ぐ見えるのは右目からだそうな…


『え゛~っ、そんな理不尽な

これまで隠されてた自分の出生の秘密をオヤジィになってから教えてもらった気分


これは先行き不安だらけだ象

続く

押し玉れんしぅ その3★

こないだ気になった、
『押せんのは、もしかしてタップのせいか?』

説を検証せんとな~
と、つらつら思っているうちに、意外と早く確認する事ができた


昨日ちょこっと時間があったんで水Pの前で押し玉練習してたら、
水Pが僕のQ使って押し玉見本を見せてくれるって事に

『うしうし、プロに撞いてもらっても駄目ならタップ代えよ

な~んて、思わぬ訳でも無かったんで、あらぬ期待をしてたんですが~

水P撞いて、

カチン…ギュルギュル~

と綺麗な押し玉

『それよそれやりたいのわ

ってな感じで、

しか~も

オープンでもスタンダードでも芯押しだろうが何でもござれ

やっぱプロともなると、同じ押し玉でもいろんなストロークを使い分けるんだろうな~

ついつい、感心してしまいますた


な~んて言ってるばやいじゃなかった


あい、結論が出ました

タップもシャフトも関係無いです


ようはストロークの問題…
いわゆる「技術」ってやつですな…

『う~し、同じQで出来る事わかったんで僕も出来るはず

ところが…やっぱ出来んのね…

見かねた水Pからは

「タイミングの問題ですよ」

と言われたんですが、それがなかなか…

相変わらず、リキむとミスQするし…

こりゃまだまだ時間かかるな~


でも、「タップ」代えたらどうか?

と、他力本願に目を向ける不毛な事にならんで良かったかな?
と思えただけイカッたれす


身近な上手い方に相談できるのは有難いっすな~


御礼に今度、田端でウナギをご馳走する事になってます

僕は酒ですけどぉ
うひゃひゃ


押し玉れんしぅ その2★

ちょこっとした時間があれば豆にやってる押し玉れんしぅですが、最近あることに気がついた


僕のばやいBrotherでの置きQ…これはWD700にモーリM…
自宅のQも同様
それから和光市の置きQ…ADAMの安いQなんでノーマルシャフトにカムイM…

その3本をTPOに応じて使ってる訳です


んで、最初の肩慣らしはセンターショット配置から少し厚目にずらして
押し玉で手前クッションまで戻すれんしぅなんですが、
○和光市
×Brother
な感じ…

本人の撞き方はそんなに変わってる訳無いんで、この違いは
・テーブルコンディション
・シャフト又はタップもしくは両方
でしか無いと思っとります

確かに…和光市では引き玉やっても速い気がするんでテーブルの影響かもです

でもタップかもな~


で、こないだBrotherで、どうにも手玉が戻ってこないので
意地になってず~っと押し玉練

いろんな撞点試してると

カシュッ カシュッ

とミスQのオンパレード


あれぇ~ 撞点が上過ぎるんかな~

「ちょっと見せてください」

と、店員のM之前さんが僕のQを観てくれて
「あぁ、タップにRが無さすぎますね~」

なるなる~
そんな事もあるんか
『じゃ~すみませんがぁ整髪おねげぇします』

と、お願いしちゃいましたが、これは応急処置…
なんで、手入れは面倒臭いんでタップ変えちゃおかな~

そんな思いが沸々と…

イメージの良いカムイタップに換えたい気がしてきたぞ~


と、腕の未熟さをタップに頼ろうと考え始めた訳です


押し玉れんしぅ その1★

没有銭……

そんな状況の昨今ですが、昨夜も自分が肝の宴会だったんでドタキャンできず…

結局 表参道で2200まで呑んでますた

月曜なんでさすがに2件目無くて良かったんですが、
帰りに改札入る時にPASMOの残高が切れてて扉ががしゃん

『あれれ~、ここに来ての交通費の出費もでかいな~』

と、最低限だけチャージした時に、丁度電車が来たんで思わず飛び乗り



と、その時


目に入ったのが電車のドア斜め上にある「行き先」表示


「我孫子」行き


しかも車両の色も違~う



『やば、乗る電車も行き先も全然ドソッポ


気づいても体は既に電車の中に入っとる・・・その間1秒弱


ドアが閉まって逆走…いや斜走…


あい、半蔵門線で渋谷に出るつもりが、
千代田線の我孫子行きに乗ってしまいますた


しっかし、目から入った「間違った電車乗っちまった」指令伝達と反射運動にはかな~りズレが有るのね

酔ってたとは言え、もちっと俊敏な動きせんと
この厳しい通勤電車界を乗りきっていけんな~

と反省したのでした


ま、玉撞きは動体視力と反射神経はあんまし必要無いんじゃね…とは思ってますがぁ…


そんな玉撞きで最近ハマってる練習は「押し玉」


もともとは魔界村で見てきた、えらいQ切れする押し玉に触発されとる訳です

浪花のオヤジさん曰く…

×玉転がし
○玉撞き

この言葉…言い得て妙…単純明快かつ本質的だと思ってるんで、
最近僕も好んで使い分けてるつもりです


で、押し玉練習はいかに玉転がしから玉撞きに脱皮できるかのショット練なんですが、
なかなか出来んのね

とりあえず、入れるとかこじるとかの修正は後回しにして、

まずはセンターショットど厚目配置にして手玉を手前クッションまで戻すれんしぅですがぁ…

なかなか戻らん


時々…水Pに見てもらったり見本見せてもらったり…

…ブリッジ代えたりストローク代えたり手玉とブリッジ間の距離を代えたり…



これってかな~り体力使うのね

なかなか良い運動になるのをハケ~ン


おかげでブリッジのとこの皮が向けてしまいましたよ



今のとこの成功率……

10球に1回くらい…


でもやってて楽しいんでしばらくハマりそうな単純れんしぅではあります


今度大阪逝ったらまた見せてもらぉ



足裏マッサージと玉撞き●

いやいや~
昨夜はやりすぎたんで後楽園はラク~アに外泊


あそこって僕の会社から近いんで、変にタクシーで帰ったりするより楽なのね


久しぶりのサウナで自分だけの時間を満喫してしまいました~




されど…上から下まで2日続けておんなじ物を着てるのは
いかがなもんなんで、今日は軽~くワインを呑んで今は帰宅電車な訳です



で、昨夜半の出来事…場所はラク~ア


あそこには、風呂以外に呑み食いはもちろん、
いろんなエステ…
っうかマッサージ屋があるんですが…

結構常連さんもいるみたいで、受付はごった返してました


そうですね~…時間的には0130くらい?

不思議なのは、若い女性が多い事…


そうそう…僕みたいなリーマン終電車乗り遅れ酔っ払いオジサン


「私、仕事頑張ってます」

風キャリア系OLがブレンドされて、
ある種の異空間を感じる訳です


でも、このエステ…


高~いのね


でも、せっかく来たんだから~


と、物色してると一番安いメニューに目が行った


う~ん、足裏マッサージ…20分か~

はっきし言ってこれが一番安いメニュー

立ち食いで言えば


「かけそば」


どぇす



んな事で、足裏マッサージ…廉価コース…にGO



もんでくれるのは若い女の子


「どんな力加減で逝きます?」


『あぃ、やや強めでお願いしま~す』


やってもらったら、酔ってる割りには、痛いんで緩めにしてもらいました~


最初は…左足…




次に…右足…

と、右足に代わったとたん


『痛たたた~っ 痛いじゃないのよ』


「お客さん、さっきの左足と同じ力加減ですよ


『うそ~ん えらく痛いよ


「あぁ、そう言うお客さんって結構いるんですよね


…ふむふむ…



「そんな方は重心がどちらかの足に片寄ってるんです



あぁ~、納得


そういや、僕はアドレスした時やや前重心になる癖があるからな~
注)僕は左利きです




って事で、も少し均等に重心にならんと遺憾かな~

と、酔っ払いマッサージで思いますた


んな感じで、

アドレス気になる方は足裏マッサージ屋に通うのをお薦めします

体調を占うショット★

試合が早々と終了したので番組を変更したいと思いまふ




良く調子が良いとか悪いとか言いますが、以前書いたように
調子を云々言うのは実力がある人の物言いで僕は

『そもそも調子なんて無い』

と言っとります




しか~し


「体調」の良し悪しは有る


典型的なのは呑み過ぎによる宿酔い

睡眠不足なんかもブレンドされて翌日の体調に影響与える訳であります



こないだの試合…あれは体調悪かった~

体調悪いと言ったって本人はいたって元気で
試合終わった後の飛び魚屋で、
他の皆さんはビールやらサワーなのに
僕はうかちゃんと熱燗ガンガンやったんで
その体調でわありましぇん


玉撞いてみないとわからん…玉転がし体調…

それは…


Qが「狙い」に対して真っ直ぐ出てない


はい、この「狙い」と言うのが更に問題を更にややこしくしてます


普通の距離の無いショットであれば、穴幅の誤差で誤魔化しが効くんで
そんなに体調を気にしません


また、逆に距離ある玉は始めから入る気がしないので、
これはこれで自分に技術がない…と開き直ってるんで問題無し


そこで…問題になる配置がある






あい、


『距離の無い 立てQショット


どぇす



いや、あの日は試合でも、その後の14-1でも外す外す…


そもそも、
土手からちょいと浮いた玉を立てQで入れる
ってのはそんなに苦手意識は無かったですけどぉ

(距離長いと駄目ですけどね)


しかも、根木に関しては

『手玉が止まればいいや』

程度の我慢ショットなんで、そんなに無茶出しは考えな~い




しっかしなんでうまく遺憾のかな~



いろいろ考えて見ましたが、思い当たるのはふたつ


ひとつは…体が真っ直ぐ立ってない

はい、よれよれです

平撞きだと姿勢を低くする分だけ多少スタンスが安定するんでしょうが、
立てQだとただでさえ安定感がないんで増幅されちゃうんでしょう




ふたつ目は…

玉が見えてない

そもそも眼は良くないんで、あんまし気にせんですが

Q出し方向が限定される立てQだと
ちょっとした誤差が致命的になるかと思う訳です

いわゆる、「厚みが見えて無い」ってやつ


この2つの共通する原因…


…多分…


…要するに…


普段から呑み過ぎなんじゃ~ないの~





集中力って…その3…★

って事で、僕の定義では

×調子が良い
○タイミング良く玉を撞けてる


×調子はいかがですか~?
○タイミング良く玉撞けてますか~

といたします


で、「集中力」に話を戻してみます


集中する為の基本要素としては



●頭が冴えてる

…睡眠不足や二日酔いはNG
→僕のばやい、まずこの時点でアウチ

…心配ごとがない
→俗に後顧の憂いがないとも言います



●体力があり疲れを感じない

…普段から持久力をつける運動する
→僕のばやい、そんなんのはありえん
疲れたら寝るだけ



●技術的裏付けを持っている

…玉撞きでも仕事でも技術は必要なのは言わずもがな
→はい、この部分は自分なりに努力してるつもりですがなかなか…

ざっくりこの3要素の最小公倍数が自分の「集中」エネルギー=「集中力」ではないかと推察します



なんか…「心技体」ってのを違う言い方してるだけみたいで
つまらんネタになったな~


このテーマ…永遠に終わる事ないんで、何か思いついたらまた書いてみま~す




これで、ようやく金曜日
ない頭からネタを創るってのもつらいもんです


でも大丈夫

来週は初のスヌーカー試合体験を書こうと思っとります



調子について★

「集中力」についていろんな考えた時に
兄弟みたいだけど、似て非なるものに

「調子」

って言葉があると思います


玉撞いてて誰もが何気なく使う

「今日は調子が良いな~」

社交事例的にも

「最近調子はどうですか?」

な~んて言われたりします


僕のばやい

「調子」…そんなの始めからありません…

とマジに思っとります


調子うんぬん…ってのは、かな~り技術を持ってる人が使う言葉で
僕のレベルでは

『そんな事言う前にやることあるだろう
な、わけです



さてさて、この「調子」

仕事で使った事はありませんね~

寧ろ

「このお調子者」

な~んてな言われ方はされたりします


「お調子者」の大先輩と言えば植木等(故人)

なかでも、「日本一の無責任男」って映画は秀逸で
仕事がうまく遺憾時とか疲れてる時とかは良~く観たもんです


この映画の中では植木等はいろんな歌を唄ってるんですが、

こんなのがあります


「♪人生で大事なものは♪
♪タイミングにC調に無責任♪」


そこで、はたと気がつきました


玉撞きにも仕事にも共通するもの…


「調子」=「タイミング」


じゃないでしょか?



…こじつけ?…


集中力って…その2…★

意外と反響あったんで、このネタ続行してみます あは


さて、「集中する」

と言っても玉撞きじゃなくて、僕の仕事の観点で並べてみます

もしかしたら玉撞きに活かせる事あるかも…を検証できれば…


ちなみに僕の生息する業界には先駆者がいて「鬼十則」なる行動規範があって、その影響も多少あるかも…です…古い話しですが…


・原理原則を重んじる…機をてらった仕事は長続きしません


・いきなり作業に入らず計画を立てる
…最近計画を立てない…いや立てられない人がいるのを知って驚愕しますた

聞くと学生の頃から予定たてて勉強したことなかったらすぃ

凡人の僕にはあり得ん話し


・思考する時の頭の使い方と作業する時の頭の使い方は別のもの
…作業する時は作業に没頭しなければなりません


・作業は微に入り細に入り…誤植1文字・1円のミスがあってもいけません


・仕事は生き物である事を知る
…自分だけ仕事をしてる訳じゃありません
競合や得意先・取引先も同じように仕事してるんで、
意外な局面展開がいつあるかわかりません

その為に縦横斜めの情報を常に「意識する」を心がけるのが肝要かと


・駄目なものは駄目
…うまくいかなかったら、原点に帰る
…問題は「どこの原点まで立ち返るか」

そこに課題と解決策があるはず



こんな感じでしょうか?


僕は別に根性論者でも熱血漢でもありません
やっぱ普通が一番かなっと最近思っとります

あ、最後にこれがあった


・所詮最後は運…運を呼び込むために流れを感じる

あぁ、これは精神論ですた…


集中力って…★

ネタが無いんで雑談です

試合に出ないとホント書く内容がないんで自分の引き出しの無さにトホホになってしまいます


なんで、最近ぼぉっと考えてるのをネタにしてみます

それは『集中力』と言うキーワード



しか~し、のっけから迷った…


表題を「集中力」にして

『これって何のカテゴリーに入るんだろう?』

悩む事…数分…

雑談なんで、「その他」でも良いんですが
「呑み過ぎ」と一緒だと、
ちとテーマがかわいそ過ぎる気がするし~


多分、「メンタル」とか「心構え」みたいなカテゴリーがふさわしいんでしょうが、
新しいカテゴリー作る程のネタでもないんで…


って事で、「フォーム・ストローク」カテゴリーに突っ込んでみますた


まぁ「集中力」には「力」って漢字が入ってるんで
集中するにも、それなりに技術がいるんでしょう



さてさて、この集中

仕事現場では若い方には

「もっと仕事に集中しなさい

と偉そうに言ってます

その時は、精神論じゃしょうがないんで、
その「集中に関する」具体的な指示をする訳ですが
もしかしたら玉撞きに使える事があるかも知れません


【時間切れ…続くかも】

フォーム改造計画(その5)乳搾りストロークに挑戦★

僕が玉撞き始めて間もない頃、地元の店(既に閉店)で高橋邦彦Pとチャレマする機会があり出てみました

その時の僕へのアドバイスが

「ハードショットで入れる練習をする事」

でした。

あれから3年経ったんですが、

『ハードに撞かんでもほどほどの加減でセンターショットの入れ率は上がるし、
撞点工夫すれば綺麗なストップショットも出来るし』

と、そんな事はすっかり忘れとりました


しか~し、加減して撞くのが標準形になると、
時たまあるロングショットの場面では歯がたたない

…入れはおろか、めちゃくちゃこじる…

『やっぱQスピードを上げても真っ直ぐ振れる訓練せんとな~』

と思ってた矢先に乳絞りストロークの話を聞いた訳です

なにわのおやじさんに言わせると

ゴルフと違って1本のQでドライバーからパターまでこなさなけりゃならんので、
加減して撞くのを標準とするとアイアンで刻むゴルフと一緒になるそうな…

なるなる…それだけショットレパートリーを持ってた方が得だな~
と、練習の時には僕なりに『乳絞りストローク』の練習は取り入れてます




まずはセンターショット

片側から15球を僕なりの最大Qスピードでチャレンジ

こないだやった時は、納得いった玉はたったの1球

でも、この1球はビタッと無回転でセンタースポットに停まったんで


『おぉ、こりゃいいわ

ショット精度は1/15ですが、これを伸ばすのが課題


次に押し玉

センターショット配置から少~し振りをつけて手前クッションまで戻す…ちょっと前は出来んかったんですが、これこそ乳絞りストロークのおかげ


普通にできるようになり、店の人からも

「最近Qが切れるようになりましたね~」

と、おほめの言葉


しか~し、僕の知ってる「乳絞り押し玉」はこんなんじゃな~い


同配置で、手前クッションから更に向こうクッションまで戻ってお釣りが来る

しかも、撞点が芯に近いのに対して、僕のは上を撞いてる…あんましヘリを撞くとQスピード上げると入れ精度が落ちるのね

この押し玉はも少し撞点下げてQを効かさんと思っとります



こんな感じで、まだまだチャレンジ中ですが、練習してるせいか多少兆しは感じております



また大阪行って教えてもらお


フォーム改造計画 その4★

基本からやり直そうと心に決めたフォームの改造ですが、
とりあえずこれまでを整理してみます

まずはスヌーカーフォーム

入れを安定させるには「入れが難い」と言われるスヌーカーに見習え

って事で、こないだ「初心者講習会」に参加して、いろいろと矯正させられ…

かな~り窮屈なフォームなんで、やってると体が痛くなるのね

ポイントは顎(あご)の使い方

レストがオープンなんでQ出しがぶれないように顎がQの真上になるように押さえつける
…んだそうだ…


これがどうも出来ん
顎の下の触感でQの方向を感じるんですが、顎の真下じゃなく、少~しずれてる感じ

しか~もQを顎で押さえつけると、自ずから顔の位置が下へ下へと下がり、上目遣いで玉を見る事になる

僕はメガネしてるんで、この時視野がレンズから外れてメガネフレームが邪魔になって全然玉が見えん


う~ん、こりゃ遺憾

あつしんさんからのアドバイスである「1デイコンタクト」を真面目に検討し始めました


もうひとつは大阪魔界村筋のフォーム

こないだ見学させていただいた時に、僕のフォームを診ていただきました(感謝)

スタンスを修正され…
ブリッジを修正され…

乳搾りストロークとまでは遺憾ですが少しは良くなった…気がする…


さてさて

この2つのフォームで共通項はあるんで、とりあえずはそれを取り入れてます


が、問題は違いの部分
何かを取れば何かを捨てる


んな感じなんで、しばらく両方試しながら悩むんだろうな~



魔界村探訪記…乳搾りストローク編(その3)★

さてさて、そんな「ありえんQ切れ」を可能にする乳搾りストロークですが

『そんなの実戦で必要あるの~?』

…素朴な疑問…


曲玉の達人になる?(笑)

それもあり~のです

が、単純な話…それだけショットバリエーションが増える…引き出しを多く持てる

って事が言える

もらい玉や出しミスからリカバリーせな遺憾とき、
「ありえない出し」を『あり得る出し』に変えられる

それって大きな武器


でも、僕はそんな事よりも「撞点の安定」の方が大きいと思います

芯に近い撞点でいろんな玉ができるんで、見越しやスロウが少ない…

つまり「入れに優しいストローク」なんだと観てます


僕なんか
押し・引き・ひねり多めにしなきゃ出ない→ガコったり、全然ドソッポ

な~んて失敗の繰り返しなんで最近は撞点を芯に近づける努力をしてるんですが、
根木には出んのね


まぁ、それも⑨ボールとかだったら器用に立ち回れば何とかなる鴨ですが…

…困ったらセフチすれば良いし…



しか~し、14-1のばやい そうは遺憾と思います…


S→100


と言う単純記号ですがこの記号の裏にはたくさんの意味がある

次回は「乳搾りストローク」と14-1との密接な関係について考察してみます


【時間切れにつき続く…】


魔界村探訪記…乳搾りストローク編(その2)★

乳搾りストロークの解説は「永久保存版」に詳述されてるんで、
僕は

『実際のとこどうよ?』

ってな観点でいろんな配置の玉を見せてもらいましたが、
まぁあきれるほどQが切れる切れる

まさに曲玉…いやそれ以上…ってな感じ

黒メガネ師匠んちの動画で一部紹介されてますが、
やっぱ目の前で撞いて見せてもらうと

『ありえん

と言う感想しかない
ホントひいき目無しに…機会がある方は是非一度…ってな感じ

あんなストローク見ちゃうと、黒メガネ師匠がハマるのも良~くわかります


『なんでそんなにQが切れるんすか~?』

それもこれも…例の肩支点…乳搾りグリップ?…のおかげだそうな…


一番驚いたのは、撞点を芯に近いところから押し・引き・ヒネリを自由自在に操る事…

僕なんか目~が悪いんで、ちょっと距離あると押したいのか引きたいのかほとんどわからん…

聞いて見ると 「半タップ」だそうな…


う~ん、そんな撞点であんなにQが切れちゃうのね


これは僕の解釈ですが
モーメント と言う概念を導入すると理解しやすい。

例えば、肘からQまでの直線距離を100とすると
肩からQまでの直線距離は200近い

もちろん撞く時は肘が曲がってるんで距離はそのままの200にはならんですが
多分「合成直線距離」は150くらいあると思います…

つまり同じ加減で撞いても
「肘支点」の150%程度の「パワー伝達効率」になる訳です


(字数制限につき続く)


【余談】
ストロークには支点・・・・今回は「肩支点」と「肘支点」
との比較なんですが、実はもうひとつある


それは「手首支点」・・・スナップってやつです


ショートの引きなんかは、このスナップを使うと
楽~に引けるんで ついつい使ってしまうんですが
実はこのストロークにはリスクがあるんですね~
確か「永久保存版」でもそのようなコメントがありますた








魔界村探訪記…乳搾りストローク編(その1)★

う~ん ようやくひとつ勝つ事ができた~
ってな14-1練習試合ですた

短期間なアベ目標も同時にクリアできたんで少~しずつでも上達出来れば

それもこれも…魔界村と言われる大阪14-1の観戦のおかげかも…

と、前向きに考えとります

そんな魔界村探訪について少々書いてみます



あれはいつ頃だったでしょうか?

今は亡き(失礼)…黒メガネ師匠のブログに「乳搾りストローク」なる記事が出たのは…?

ご本人がその記事を削除しちゃったんで、もはや幻の記事となってしまいますた


その後僕のリクエストに応えていただけたのか
より入念な取材と解説を書いていただき
ネーミングも「幻のストローク」とグレードがアップした記事を
「永久保存版」にしたのは言うまでもありません


ま、僕にとっては「乳搾りストローク」の方が馴染んでるんで、
それを使いますね


ブログと言うバーチャルな世界での出来事から
いっきにリアルな世界になったのは黒メガネ師匠がブログを辞めた後…ってのも不思議な感じ


って事で、

実際観てきた「乳搾りストローク」の感想を書いてみたいと思います


(字数制限につき続く)


フォーム改造計画 その3★

これまで何の区分もせず、
「玉操作日記」一本で書き込んでたんですが、
いろいろ考えてた事をシリーズで書いてると
『あれ?こないだ書いたの何だったっけ?』
と、忘れてしまってるんで記憶を蘇らせる意味でカテゴリ分けをしますた


一見、ご覧いただいている方の為のように見える鴨ですが、
はっきし言って自分の為のメモです



って事で『フォーム改造計画』なんですが、
黒メガネ師匠のストローク論からかな~りヒントをもらってるんですが、まだまだいっこうに良くならん

ってか、Qスピード上げるとまだまだ手玉が回転しちゃうのね


で、こないだ珍しく鏡に向かって素振りイメージしてみたんですが、
気づいたのは肩・肘のラインが斜めになっとる

『これじゃ~Qが真っ直ぐ出ない訳だ~』


なんで意図的に肩からのラインが顔の後ろに隠れるように少しそらせるように意識してみる…

すると、今度はふところが窮屈になって振り抜きにくいのね(-"-;)
なんで少しスタンスを変えてみる

ふむふむ…少しは振り抜き易くなった


と、思って改めて鏡を見てみると、

なんて事ない

単に体の向きが変わっただけでフォームは元に戻っただけですた


ここを脱出しないと…

フォーム改造計画 その2★

なんか他の方々のブログ見ても、おんなじようなテーマが多いみたいで、人それぞれ悩んでるのね

って感じではあります
程度の差はあれど、ある種の安堵感を覚えるのは自分だけでしょうか?…





人身事故対策でいつもカバンに入れてるQず

全然読んでなかったんですが、気がつけばもうすぐ新しい号が出るんで、さすがに読んでみました


ら、いろんな事があったんですね~


『何で奥村Pは全日本に出ないの?』

と、ず~っと思ってましたが、ちゃんとインタビューされとるのね

やっぱ雑誌は発売に合わせて読まんと旬のネタから遠ざかってしまう…って事でしょうか?


反省とすればカバンに入れる本を間違ってた訳で、
次回からはA2Zあたりでも入れておきます


そのQず ですが関川Pのポジション教室も終了らすぃ…

毎号楽しみにしてたんでちと残念ではあります


本教室には「ポジションする上での掟?」みたいな条文があるんですが、最終回は掟に沿った解説


その中に「無用なヒネリ入れるべからず」…だったかな?ま、そんなもん…
があって最初は気にしてなかったんですが最近は気になりだした

ある程度玉が撞けるようになるとチャレンジしたくなるのが、
ぎゅるぎゅるっと縦横無尽にテーブルを駆け巡る手玉の動き

非常に「華」を感じる訳で、変に我慢するよりも

『回したれ~

ってな気になるもんで、僕はその事を

「青春する」

と呼んでます

この青春玉にはヒネリが必須で僕は比較的早くからヒネリに取り組んできた

理由は…

『だって青春したいんだも~ん。うまく行けば楽しいし


ま、これはこれで玉撞きの楽しみ方であるんで間違ってないと思うんですが
事ここに至って弊害も出てきた


一番良くないのが厚みの取り方

ちょっとした厚みの誤差をヒネリの量で誤魔化してるんで、
何が正しい厚みなのかを測ってない

もとより厚みは感覚でしか見てないんで一層たちが悪い


フォーム改造と合わせて厚みの測り方もやり直さんと遺憾な~

と、考えざるを得ない訳です




って~事は…

何てことない

1からやり直し?

いや、変な癖が付いてる分マイナススタートかも…

いやいや、そんな事はない

と思いたいんですが、「フォーム改造計画」ってのは、そんな意味も含むんです



ま、もっとも光明もありますが


続く

フォーム改造計画 その1★

最近 思うとこあってフォーム改造に着手しないと…と思っております


そう考える、そもそもの原因は何か?…


一番の理由が例のコジリ病

センターショット配置で弱めショットで撞く場合はそうでも無いんですが
Qスピード上げるとストップショットで手玉がぐるぐる回っとる

まぁ間違いなくQ出しの時にグリップがえぐれてこじっている訳です

なんとなく原因がはっきりしてるんで、あんましQを出さないストロークでカバーする、
ってなアドバイスもいただいたんですが、何か馴染めんのね

(…一応これも対策になるんで僕はこれを「ストロークA」と呼んでます…)

話し戻すと、
弱めのショットならセンターショット配置ならまぁ何とかストップショットが出来るんで距離のない配置はOKですが、
実践的には振りがあるんでスロウを見越さなきゃならない…

(ご存じの通りスロウは弱いショットの時に出やすい訳です)

なんで、ヒネリを入れて相殺させたりするんですが、
このヒネリってやつも効き過ぎるとクッションに入ってからえらいとこまで距離が走る…
しかも、テーブルコンディションに左右されるんで、あんまし使いたくないショットセレクションです



2番目の理由は引き玉

僕の基礎練にはパターンがあって

バラ玉撞き→センターショット→クッション際に的玉置いての引き玉

これがセットになってる

引き玉練の目的はQスピード上げてこじらない為

徐々に距離を離して行ってどこが自分の限界なのかを測る意味もあります


さて、そこで問題になるのが「ブリッジ」
距離短いとオープンで組みますが長くなるとスタンダードにした方が楽に引けるのね

これも理由ははっきりしてて、スタンダードで組むと
人差し指の輪っぱでシャフトを下に押さえつけられるんで撞点が狂いにくい

Q切れの良い引き玉をしたい場合、この「人差し指下方圧力」を意識すると、意外と楽に引けたりします


まぁ、これはこれで良いんでしょうが、僕の目指したいのは「オープンブリッジを使った引き玉のQ切れ」

オープンブリッジの場合、ブリッジによる下方圧力が無いんで
下手すりゃQ先が上に逃げちゃう



こないだスヌーカーで相撞き待ちの時にセンターショット練をしてみたんですが、
入るには入るんですがストップショットにならん

どう撞いても手玉がちと前に進む



まずはこれをこなさないと遺憾訳です


続く


黒メガネ師匠のストローク論について★

って事で、

僕が黒メガネ師匠の

「乳絞りストローク」
になんでこだわっているか?

の話をしてみたい、と思います



当初師匠の書き込みから、
あのストロークの使用場面はどこか?
と言うと、

「14-1のブレイクで有用とされてる」

とありました。


「14-1のブレイク」ったって、
14-1やった事ない人にはピンとこないだろうし
興味のない人には関係ないだろうし…

14-1やった事のある人でも人それぞれプレイスタイルが違うんで
有用性を感じない人もいるかと思います


まぁ、そんな意味じゃ趣味の世界かも…


…なんで僕は率直に師匠のストロークを習いたいな~

と、思ってるです


このいわゆる「ストローク論」ですが、僕には前段があります



ひとつはA2Zに書いてある「肘の送り出しについて」の章

これは押し玉についてのQ切れに関するお話かと見てます



もひとつは、

『ぼちぼちヒネリを覚えようかな~』

と、思った時に買った
立花PのDVD…確か「ヒネリを極める」だったかと思いますが…
あのDVDの下巻に「ストローク論」ってのがあります

初めてあの映像観た時は驚いた

サイド穴前から押し玉を弾かずに逆切って反対側に出す

って出し方なんですが
手玉が生き物みたいに
「ぐにゅ~ん」

と、出てくんですね~

あの、手玉への回転伝達の方法…立花Pは「ストローク論」と説明しとる訳です


さら~に………プレミアスヌーカーリーグを見てると
パックする時に赤玉群の中に突っ込んで行くQボールが
赤玉をかき分けかき分け…出てくる映像を良く目にします

『ありゃ~ あんな中に入っても手玉出てきちゃったよ~
どんな風に撞いてんだろう?』

ホント興味深々

あれも、独特のストロークなんだろうな~

と推察しとります



これらは皆

『秘密はストロークにあり』

って事だと見てる時に師匠の書き込みがあった訳どぇす



んなこって、引き続き師匠の書き込みに注目しとります







人気blogランキングへ








超初心者と名指導者★

20071026085703
あれはおとといの夕方でした

写真は何を隠そう僕の実の娘(19)と奥はBrother定員さんのM之前さん
…注:ご両人の了解なくUPしちゃったんで問題発生すれば速やかに削除します


たまたま上の娘が会社近所の短大に行ってるんで、

『だまには夕飯でも食べよう

と誘ったんですが店が開くまで、こ1時間ほどあったんで

『ちと玉撞き行こう

となった訳です


これまでうちの家族には何度も玉撞きに誘ったんですが、
一度行っただけでその後行ってない

玉が真っ直ぐ当たらないんで真っ直ぐの振り入らんので面白くないのね

僕が教えられれば良いんですが、人に教えるほど上手くないし
ましてや僕だけ左効きなんでフォーム・ブリッジが反対になってじっくり行かなかった
ってのもあります。


そんな背景もあってM之前さんには

『基本から教えてあげてください~

とお願いして、丁度フォームを見てもらってるのが写真です


僕はぼぉっと見てたんですがわずか20分の間に

『ぽぃ』

フォームになっとる
ブリッジ見るとスタンダードも出来とるし…

そうこうして見てると始めて30分後には距離は短いものの

『引き玉』

もできるようになった


いやいや驚きました

僕なんか玉撞き始めてから
引き玉できるようになるまで2~3ケ月かかったのに…

娘に

『おぃおぃ、そんな玉撞けるようになるまで
こっちはえらく時間がかかったぞ』

と言うと

「だって若いんだもん

と、バッサリ


やっぱ教えるのが上手い人に教わるのと
若いうちに始めるのとが合わさると
覚えるのが早いのね

まぁ、多少親心から来るヒイキ目もあるでしょうが
まともに取り組めば僕より上達は早いでしょう


ちなみに後半30分のレッスンは

イメージボールを置いての入れ練

イメージボールを外しての入れ練

と入れの考え方と実践をやって

仕上げは僕とのネオ⑨ボールを2ラック
って感じでした


このブログ見てないと思いますが
M之前さん どうもありがとうございました



この日はブログの鈴木さんにもようやく挨拶できたし
楽しい夕方~夜を過ごしました



しっかし物事は何でも若いうちからやっとくに如かず
ですな~


まぁ僕も若い頃はそれなりに楽しかったんで後悔してませんが…


もしかしたら、その内、娘に教わるようになるんかな~

こじり癖が治らん…その3…▼

玉撞き先輩諸兄の皆様 いろいろアドバイスありがとうございます


週末を向かえるんで来週の書き込みでは

『こじり癖が治った~

に抱負しとりますが、果たして…って感じです…試合もあるし…



さて、続きです


んな訳で、
もしかしたらヒネリ過ぎがきっかけ原因かもしれないんですが、
せっかくヒネリ練習してきたんで何とか両立出来ないかと考えとります


困った時の玉撞き本…んな感じで久しぶりにA2Zを読み返してみましたら…


『おぉ!出てる


確か赤本かと思いますが
(注:僕はA2Zの3部作全部持ってますが本のカバーを反転させてる為表紙カバーは白)

その中に

「スランプになったと思ったら」ページがあって


『うんうん 僕の事だ』

と、読み始めたら

「こじり癖」の説明がされとる


って事は、結構こじり癖で悩む人多いのね

と、「家庭の医学書」読む感覚で目を通して見ると…


ようは…


基本のどこかが出来てないと…


あぃあぃ、その通りでございます


対処としては、


Qの重さを感じて自然にQを振る

ハードショットは避ける

だ、そうな…


確かにな~


あとこれは酔球会大将:スーパーC級のI橋さんからのアドバイス

「撞く時にQを握り込みすぎる」


…握り込むと手首が反ってこじるんだそうな…


確かにこないだの⑧の試合でも上級者と当たった時は
力みがあって、その力みで
撞く時グリップを握り込みしすぎたかも

全然どそっぽ飛ばしもあったしな~


もしかしたら、A2Zの処方箋とI橋さんのアドバイスは同じ事を違う言い方にしてるだけかも…

と、思ってきた


これに書き込みいただいたアドバイスを付加して週末を向かえたいと思います


試合も待ち受けておりますが、試合でも


①ヒネリを入れないで手玉の子午線…つまり上芯下だけの撞点…しか使わない

②ハードショットしないで普通の力加減で撞く

③撞く時にグリップを握り込まない


この3つを徹底したいと思います

特に③は試合の緊張時に出来るかどうか…自分のメンタルテストも兼ねて…







と、勢いで書いてはみたものの…本当に出来るんかな~


このストロークじゃ入っても、明らかに出せない配置もあるし…

そん時はそん時だな~

ま、いいや

今度の試合テーマは

「こじり癖克服」

にします

こじり癖が治らん…その2…▼

ストップショットのつもりが、
停まった手玉が クルクル左回転しとる


なんで、いつからなってしまったのか…

思い当たる節は無いわけじゃないんで、ちと列挙してみます


まず1つはビリヤードウェイブの影響

14-1の解説は横田Pなんですが、昨年・今年と録画してあり暇な時には良くみてます。

その解説で、

「14-1は他の種目よりもヒネリを多く使うんですね~
手玉が固まりに埋もれないようにヒネリのトルクを使う訳です。
ボーリングでピンを倒すのもその原理」

な~んてのがあって、

『なるなる~、そういや良くクラスタに埋まるからな~』

と、早速実践

何でもない玉をわざわざヒネって入れたり…の癖が定着しとります。


2番目は例の『入れ易い加減での入れ出し』研究…


順下使ってスロウの相殺をしつつ、手玉には押し回転を伝達させる

って課題に取り組む訳ですが、

これってうまくショットできると、
先玉がきれいに穴に向かうんで気分良いのね

もちろん『出し』が絡んでくるんで、スクラッチかわす意味も含めて、いろんな撞点を試す訳です。

なんで、ふりがあると、ヒネリを使う
ってのが通常になっとります



3番目が 逆押し3クッション練習好きの影響

俗に『切り返し』と言われるこの配置ですが、

押し回転を乗せつつヒネリ回転も濃密に

ってのをしないと手玉がスクラッチしたり、手玉がきれいな出方をしない


『どうすりゃ医院だろうな~?』

と、悩んでいたら、

何かに書いてあったか、あのスト氏へのインタビュー

記者:どうやって効率の良いヒネリ回転をさせるんですか?

スト氏:タップ側面の摩擦を使うのさ


みたいな記事だったかと思う…


それを読んだ僕は、

『なるなる~、撞いた時にタップの摩擦を意識すりゃ好いのね


早速 意識してみると

『こりゃ良いわ

くらいに切り返しが決まる決まる

利き手やアドレスなんかの問題もあり?
左右同じじゃないですが、
左上を使った逆押しの切れには自信があります

※このスト氏の話はホント参考になりますた。お試しくらさい



って事で、要するに

『ヒネリ過ぎ』


ヒネランでも良いとこをわざわざヒネって見たり、
ヒネリ方…特に撞く瞬間にスナップ利かせる…を試したり


いつのまにか普通のストロークが出来んようになってしまいますた~

こじり癖が治らん…その1…▼

いつからなんでしょうか?…

そんな過去じゃなくて結構最近になって…


たぶん、この現象を『こじり癖』って言うんだと思います。


症状は日に日に重くなり、
狙った厚みに手玉が当たらん事も起きるようで、
このまま逝くと自身喪失・疑心暗鬼にハマってしまいそう…


そんな危機的状態な昨今です


何とか乗りきらないといけないんで
恥を忍んで書き込みしてみます


先輩諸兄の皆さま…良い打開策ありましたら教えてくださいませ



まずは起きてる現象から…


あ、ちなみに僕は左利きなんで右利きの方とは全て逆です


まずは普通のセンターショット配置におけるストップショット


ストップショットにも、芯撞きで強く撞いて止めるやつと
撞点下撞いて強く撞かないストップショット
の2種類あると思いますが、
僕はたいてい後者を中心にれんしぅ

この時、手玉の止まり方と先玉の走り方、タップが手玉に当たった時の音…
なんかを感じて

おぉ、今日は行けそう

な~んてなバロメーターにしとります。


ところが最近これをやると、

ストップするはずの手玉が左にクルクル回ってる

ちょっとショットスピード上げようもんなら すんごい回転量


『あれ~ おっかしいな~


困った時は原点に帰れ…と…ここは手玉をフットに置いて 真っ直ぐ撞けてるのかの確認…


すると、まず真っ直ぐ戻ってくる

強めに撞く…だいたい2往復くらい…でも まず問題は無い

って事で少なくとも手玉だけの場合
Qは真っ直ぐ出てるみたいなんですね~


『なんでセンターショットの時は手玉左回転するんだろ


この原因がわからん…


なんでセンターショットの距離を短くしてやったらどうなるんだろ?

と手玉先玉を1Pくらいにすると~


概ね問題無いが、でも完全なストップにならず、左に回転する「兆し」はある…


う~ん やっぱ左にこじってるな~

Qは真っ直ぐ出てるはずんで
アドレス間違いか、
狙いが間違ってるか…

で、いろいろイジルうちにますます状況悪化をたどり、
全然どそっぽに当たったりも


もともと乱視が強く先玉が二重に見えたりするのは多多あり…ですが

『穴は玉2個分あるんで問題ないだろう』

と、これは全く気にせず


まぁ、飛ばしても玉回転が納得できれば深刻じゃないんですが、
今回は重症なんですね~




【続く】

★月別アーカイブ
★ブログ内検索
★RSSフィード
プロフィール

Author:落 (Rohsan)
なんやかんやで ほぼ14-1一本で頑張ろうと思ってますが、どちらかと言うと「スクラッチ」が得意みたい・・・世間では僕の事を「永世スクラッチ大魔王」と呼んでるしいです・・・南無だなぁ

カテゴリ
最近のコメント
最近の記事
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンタ-
舞妓Haaaan!!!
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
広告・PR
女性向けモバイルゲームサイト:乙女モバイル
リンク
ブログ ランキング
試しに登録して見ました。 気が向いたらクリックしてくださいませ


人気blogランキングへ

BOSSさん:武蔵小山撞球隊

ゆ~ちゅぅぶ

MyTube★動画検索・再生

↓検索したいキーワードを入れてみてください


FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。